一般社団法人 企業年金・個人年金教育者協会

第3回 確定拠出年金とは?

確定拠出年金は、企業や加入者が拠出した掛金を、加入者自身が運用し、その運用結果に基づいて、老後に年金として受け取る制度です。

現役世代のすべての人が加入できる

原則として国民年金に加入している全ての人が、確定拠出年金に加入できます。ただし、拠出限度額(掛金の上限額)は、企業型年金かiDeCoかによって、また、働き方や勤務先での企業年金への加入状況などによって異なります。

企業型年金と個人型年金(iDeCo)

確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金(iDeCo)があります。

企業型年金は、企業が従業員の退職金や老後の資金の準備のために実施する制度ですので、企業型年金の実施企業の従業員が加入できます。掛金は、原則として企業が拠出します。企業がマッチング拠出を導入している場合、加入者も一定の範囲内で掛金を拠出することができます。

iDeCoは、自分で自分の老後の年金を準備するための自助努力の制度です。加入できるのは、自営業者やフリーランス、専業主婦(夫)、企業型年金に加入していない民間企業の従業員、公務員などです。企業型年金に加入している人も、企業型年金規約にiDeCo加入を認める定めがあれば、加入できます。掛金は加入者自身が拠出しますが、勤務先の企業で中小事業主掛金納付制度iDeCo+(イデコプラス)を導入している場合は、加入者が拠出する掛金に、企業も掛金を上乗せして拠出することができます。

企業型年金、iDeCoともに、加入可能年齢は60歳までです。ただし、企業型年金では、規約で定めることにより、60歳到達時に勤務していた企業の企業型年金であれば、最高で65歳まで加入することができます。

<<前の記事へ      次の記事へ>>